Galleria degli Uffizi


Madonna del cardellino 』ヒワの聖母
Raffaello Sanzio (1483-1520)
この絵に注目してしまったわけは、作者がラファエロであるというのもさることながら、その題名でした。どのガイドブックにも掲載されている名作なのですが、「ヒワ」って何?というのがとても気になってしまい、本物で確かめようと思っていたというくだらない理由なのでした・・・
で、正解は「ヒワ=鳥」だったのですね。幼い子供たちが手に鳥を抱いてなでていたりしている絵でした。子供は、右がキリスト、左は洗礼者聖ヨハネで、バリバリの宗教画です。細かく描き込んでいる壮大な風景を背景に用いていることや、マリアを中心としたきっちりした三角形の構図は、ラファエロがここフィレンツェに来てから多大なる影響をうけたレオナルド・ダ・ヴィンチ風。
MadonnadelCardellino

※写真は画像の大きさの都合上、一部のみの表示になっています。