★ HAVE FUN!! in New York ★


HAVE FUN!! in New York
GodzillaSwinging

Godzilla's TaleGame Reportトップに戻る
New York Yankees v.s. Detroit Tigers9/9 7:05〜 Yankee Stadium
※違う日の試合を見るときはこちらから
YankeeStadiumNight残暑がないNew Yorkでは、そろそろお天気も秋めいてきた9月、レギュラーシーズンはおそらく最後の観戦となるナイトゲーム、Detroit Tigersとの対戦を観に、Yankee Stadiumにやって来ました。レギュラーシーズンも終わりに近くなるこの時期、わがNew York Yankeesは、相変わらず、アメリカン・リーグ東地区の1位をキープしてはいますが、宿敵Boston Red Soxの猛烈な追い上げに、うかうかしている余裕はなくなってきてしまいました。ただ、ラッキーなのは、これから、比較的、下位チームとの対戦が多いということ。今日の相手のTigersは、今シーズン、この時点で既に100敗以上しているという、大リーグ史上でも、記録的に負けが込んでいる弱いチーム。そういう意味では、最も、取りこぼしなく、確実に勝てる可能性が高い相手チームなのでした。
ViewFromSeat今回は、たまたまいただいたRain Check(※2)を振り替えてチケット入手をしたので、事前に同等の席が買える日というのは、平日しかなく、その中で、確実に勝ちを観ることができそうなTigers戦を選んだのでした。振り替えられるのは、もとのチケットと同等かそれ以下ということなので、深く考えもせず、もとのチケットと同じ座席にしました。場所は、ライトの外野席で、実は、Yankee Stadiumのライト外野席というと、熱狂的なファンが押し寄せるので有名なので、ちょっとばかり恐れていた?のでしたが、行ってみると、それは、私たちが座ったMain Boxではなくて、その更にセンター側の座席だったため、ちょっと安心。もし、松井がチャンスで打たなかったりしたら、熱狂的なファンにいじめられるかも・・・なんて、ちょっと心配していたりしたのです。それでは、その松井 秀喜選手を含む、New York Yankeesのスターティング・ラインナップはこちらで。
MatsuiTMatsuiTMatsuiTライトというと、別に守備のポジションではないのですが、ホームランが飛んでくる確率が高いからか、ふと、見渡すと周りにMATSUI 55のTシャツの人がたくさん!前からそうではありますけれど、松井人気は、本当にすっかり浸透したようです。相変わらず、着ている人は全員男性でしたけれど、野球に詳しそうな男性ファンが松井のTシャツを好んで着ているということは、それだけ、うるさいファンにも活躍が認められている証拠に他なりません。最近、打率は3割を割ったままだし、ホームランもご無沙汰だけれども、チームの打点王を争うコンスタントな活躍や、確実な守備は、皆がちゃんと評価しているのですね。
ContrerasBrokenAnkleJoseContrerasそして、今日の先発は、先発5番手のJose Contreras。先日、マイナーリーグの試合で素晴らしい快投乱麻ぶりを見たばかりですが、メジャー相手にあそこまでとは行かなくても、最弱チーム!?が相手ですし、まずまずのピッチングを見せてくれるのではないかと期待していました。立ち上がりは期待通りだったのですが、序盤にバント処理で足首を痛めたらしく、0点に抑えて勝利投手の権利が得られる5回表ヒットで1点返され、さらにはフォアボールを連発して押し出しで同点にされてしまうというふがいなさで、あっけなく降板してしまいました。多分、これで、短期決戦となるプレーオフでの先発はなくなってしまったでしょう。
MatsuiBrokeBatMatsuiStrikeOutこの間、松井を含むYankees打撃陣はどうしていたかといいますと、初回に4番に座ったJorge Posadaのタイムリーであっさり2点先取して2 - 0とし、これは、今日は大勝か!?と思われたのもつかの間、その後は、松井がバットを折る内野ゴロや、チャンスで見逃し三振に倒れたのをはじめとして、凡打の山。相手ピッチャーがそんなにいいとは思えなかったのですが、結局、Contrerasの押し出しで2 - 2の同点に追いつかれてしまってからは、双方ランナーは出すものの、タイムリーは出ないわ、投手はしょっちゅう交代するわで、時間がかかるわりには、かなり盛り上がりに欠ける試合が続いていました。
MatsuiSacrefiedFlyBernieRBISingleようやく、突破口が開けたのは、夜も更けてきて、かなり涼しくなっていたし、「このまま延長戦なんてやめてほしいな・・・」と思っていた8回裏の攻撃。上位で作ったチャンスに、下位に下がっていたBernie Williamsが元4番の意地を見せて、タイムリーヒット。3 - 2と1点勝ち越しました。さらに、続く1死一・三塁のチャンスに、守備ではナイスキャッチがあったものの、打つ方はいいとこなしだった松井が、泳ぎながらも、うまくあわせてセンターへ犠牲フライ。足が遅い三塁ランナーRuben Sierraを、なんとかホームへ迎え入れて、4 - 2と貴重な追加点が入りました。これで、松井の打点は96となり、欠場したGiambiを抜いて、チームでトップ。もう、100打点も目の前です。この犠牲フライのとき、立ち上がって喜んでいたら、通路越しに、熱狂するライト外野席のお兄さんたちと目が合ってしまい、日本人だったから?か、私に向かって「松井コール」をされてしまいました。ちょっと、ビビッてしまった・・・
MarianoRiveraYankeesWonこうなれば、後は、お約束通り、守護神Mariano Riveraをマウンドに送り、9回表を守りきるだけ。今シーズン、今ひとつピリッとしないRiveraは、また、ランナーを2人出しはしましたが、さすがに危なげないピッチングで、シャットアウト。無事、4 - 2のまま、ゲームセットとなりました。終わってみれば、予想通り、なんてことないYankeesの勝ちゲームではありましたけれど、中盤のだらだらした試合展開と、予想以上にあっけなく降板してしまったJose Contrerasの頼りなさから、あんまりすっきりしない試合でした。そんな中でも、松井は、守備と打撃で確実に勝利に貢献したので、文句なし。ホームランみたいな派手な活躍ではなくても、こうやって地道に勝利に貢献して、残るレギュラーシーズンと、来るべきプレーオフを乗り切って欲しいものです。プレーオフは、試合数が少ないので、チケット入手は至難のワザ。今年は、これが最後の観戦になってしまう可能性大・・・です。でも、4月から5試合観戦して、松井のサヨナラ・ヒット満塁ホームランも観られたから、個人的にはかなり満足でした。
この試合のスコアと松井選手の成績についてはこちらでご覧下さい。

★ HAVE FUN!! in New York ★