★ HAVE FUN!! in New York ★


HAVE FUN!! in New York
GodzillaSwinging

Godzilla's TaleGame ReportPlay Offsトップに戻る

ゴジラ初上陸&初遭遇
MarriottHotelNew York Yankees・松井 秀喜が正式に誕生したのは、今年の1月14日、New Yorkいちばんの観光地、Times Squareにそびえ立つ、このホテルででした。ちょうど、出かける予定があったので、軽い気持ちでホテルのロビーに行ってみたら、松井は既に会場入りしているとのこと。そこにいた、ヤンキースファンの人々が行くというので、一緒に入団会見の行われるコンファレンス・ルームのある階まで行ってみました。
MatsuiZoomそうしたら、思ったより、ファンらしき人たちの数がとっても少なかったのと、セキュリティらしき黒人の大男のおじさんが「Mr.Matsuiはここを通るかもしれない・・・」というではありませんか。そういうつもりはなかったのですけれど、ここまで来たら後には引けず、記者会見が終わるまで会見場の外で待つことにしてしまいました。しかも、会見後、次々と人が出てくるゴタゴタに紛れて、なんと、ごく間近で日本のテレビ収録中の松井本人に遭遇!言葉をかけたわけでもなんでもありませんが、やっぱり、間近で見てしまうとグッと親近感がわいてしまいますね。今思えば、この瞬間から、本来は、どちらかというと、ヤンキースよりNew York Metsのファンであった私は、松井を応援するために、ヤンキースファンへと鞍替えしてしまったのでした・・・(またまた、新庄サン、ゴメンナサイ!)
ゴジラを取り巻く人々 in NJ
WaterfrontJournalWaterfrontJournalこちらで放送されている日本語放送や、日本の新聞で、春のキャンプ中も、ヤンキース・松井の行動は、なんだか逐一知ることができました。オープン戦でもそこそこだったので、New Yorkのマスコミへの露出度も増えつつあった頃、わが家の周辺のミニコミ紙にも、なんと松井が登場!それは、今回、彼がヤンキースに入団するにあたって、新しく雇った通訳の人が、わが家のすぐ近くに住んでいたからなのでした。
Sorianoさらに、これは去年のうちに知っていたのですが、またまた、わが家のすぐ近くのアパートに、ヤンキースの選手で唯一日本語が話せる!?セカンドのAlfonso Rorianoがシーズン中の家を借りていたのでした。Yankee Stadiumは、ManhattanとNew Jerseyを結ぶ、George Washington Bridgeを渡ってすぐなので、実は、この辺りなら、道が空いている分早く、車で30分ほどで行けてしまうのです。日系食料品店としては、この辺りで最大のMitsuwa Marketplace(旧ヤオハン)もあるし、日本人も多く住む地域もあります。そういえば、ヤンキース時代の伊良部 秀輝投手が住んでいたのも、New Jerseyでした。松井の今の住まいは、Manhattanだそうですが、チームでもごく近しい人たちが住んでいるし、日本人コミュニティもあるし、ということで、いつか、New Jerseyにも出没しないかしら?
Godzilla's Life in NY
今や、全米中の野球ファンに知られている大リーガー松井 秀喜選手も、New Yorkでは、Manhattanに暮らす日本人のひとり。いくらNew Yorkに暮らす日本人が多いとはいっても、そこは海外の日本人コミュニティ、彼に関する情報も、シーズンを通して、なんやかやといろいろと入ってきました。私自身は、街中やレストランで遭遇したことも、残念ながら一度もありませんでしたが、NY在住日本人の間では、かなり有名?なゴジラの生活の一部となるいくつかの場所をご紹介してみます。
TrumpWorldTowerViewTrumpWorldTowerEntranceまずは、Manhattanでの住まい。実際は、ホテル暮らしがかなり長かったそうですが、最終的には、当初からウワサされていた、ミッドタウンの東側、国連本部に程近い、超高級アパートに入居したそうです。これもまた、ウワサによると、住んでいる階は52階だそう。このアパートは、私たちがManhattanに住んでいたときの数ブロック先なのですが、当時は建設中で、その高さ(確か90階とかそれくらい)に、日照権を巡って近隣住民の反対運動があったりした話題の高層アパートなのでした。結局、無事、建設され、今は、著名人が何人も住んでいるそうですが、松井の他にも、チームメイトのDerek Jeterが部屋を持っているらしい。ジムやスパみたいなフィットネス施設はもちろん、住民用のワインセラーまであるとかいうのを日本のテレビで見ました。家賃が高いので、リッチな住民ばかりのはずではありますが、すぐ前にある公園で愛犬の散歩をしたり、子供の自転車の練習をしたりしている人たちは意外と庶民的?です。
SalonShinというわけで、住まいがミッドタウン・イーストなので、彼が出没する場所も、その辺りが多いようです。歩いてすぐのところにあるのが、行きつけの「Salon Shin (141 East 47th Street Tel.212-753-0330 )」という美容院。私の行っている美容院も、ここから近いので、美容師さん(Izumiさん)は、「松井、うちに来ないかなー。」と、シーズン当初から言っていたのですけれど、どうも、他の選手もここの美容室に行っていたらしく、取られてしまいました。ここは、友だちのだんなさんが行っていたので、「ゴジラ御用達」ということが判明しました。守備のときに、なぜかすぐ帽子を落としてしまう?松井の髪の毛は、乾燥のひどいこちらの気候にもめげず、サラサラでお手入れがよさそうなので、きっと、頻繁に通っているのでしょうね。
Azusa美容院の1階もお寿司屋さんですが、ミッドタウン・イーストといえば、日本食レストランがたくさんある一帯。その中で、シーズン初めに、「松井が食事に来た!」と、連絡網のように!?日本人駐在員の間にメールが回覧されたのが、私も時々ランチに行く「 (3 East 44th Street Tel.212-681-0001 )」というグランドセントラル駅に近いレストラン。お寿司から串揚げからそば・うどんまで、日本食全般がなんでもあって、きれいだし、味もまあまあです。ランチも10ドル以下で「これでもか!」という量の定食なので、日本人駐在員やアメリカ人でも日本食好きのビジネスマンなどに人気があります。
Nipponでも、ミッドタウンで働く日本人サラリーマンによると、いちばん頻繁に現れるのは、もう少し北にある「日本 (155 East 52nd Street Tel.212-688-5941 )」というレストランなんだそうです。こちらも何回か行ったことがありますが、少し北なのと、少し改まった感じのするレストランなので、しょっちゅうは行っていません。今日のおすすめを日本語で書いたものが壁に貼ってあったり、ちょっと居酒屋の雰囲気もある感じで、中は思ったより庶民的な感じはします。最後に行ったのが、もう2年くらい前!なので、あんまり覚えていないのですけれど、こちらも、日本食全般を出すお店で、日本語情報誌を見たら、おすすめは会席料理とありました。確か、お座敷もあったと思うので、会社の宴会とかで使えそうなお店です。
以上、少しですが、ゴジラ松井が、NYライフの一端を過ごしている場所をご紹介してみました。尚、これらのお店に行けば、必ず会えるというわけでもありませんし、繰り返しになりますが、私自身は一度も遭遇したことがありませんので、その辺りはご了解ください。

★ HAVE FUN!! in New York ★