TITLE Class House DATE 1/1/2003
□MOVIE V TV □ VIDEO □OTHER()
EVALUATION ☆☆☆☆
COMENT :
ヘレン・ハントにソックリ(!?)な、リリー・ソヴィエスキー主演のスリラー。両親が事故で亡くなり、お金持ちの夫婦の家で暮らすことになるリリーとその弟ですが、実は、彼らは金目当てで、次第にその化けの皮がはがれていくという話。養母となるのは、ダインア・レインで、美しい女医さんなのに、薬をちょろまかしたりして、最後は医師の資格を取り消されたりするという情けない役。ドキドキもしないし、最後は正義が勝つというお決まりのティーン・ムービー。
LINK
TITLE Kiss of the Dragon DATE 1/9/2003
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ☆☆☆☆
COMENT :
今や、すっかりハリウッドの人になった、ジェット・リー主演のアクション・サスペンス。舞台がパリのはずなのに、出てくるのはアメリカ人や中国人ばかりだし、フランス警察も英語で話したりするから、異国情緒がまるでナシ。薬漬けにされる不幸なアメリカ女性のブリジット・フォンダもなんだか冴えないし、中途半端なサスペンスにするより、ジェット・リーのアクション映画にしてしまえばよかったのに・・・という感じ。せめてもの救いは、下手なラブ・シーンがなかったこと?
LINK
TITLE About Last Night... DATE 1/10/2003
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
シカゴを舞台にした、デミ・ムーアとロブ・ロウの青春ラブストーリー。'86年の映画ということで、通りでふたりとも若いわけですね。お互いにとても気に入って同棲を始めたのに、ちょっとしたことで対立したりして、破局を迎えますが、最後は、やっぱり、ふたりともまだ気持ちが残っていることに気づく・・・みたいなありがちな展開です。シカゴの街並みがきれいだったのと、びっくりしたのは、デミ・ムーアの胸。今とは全然違います!彼女って、どちらかというと・・・だったなんて、全然知りませんでした。
LINK
TITLE Adaptation DATE 1/12/2003
V MOVIE □TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ☆☆☆☆
COMENT :
ニコラス・ケイジが主演、メリル・ストリープとクリス・クーパーが助演で、それぞれアカデミーにノミネートされている秀作・・・なんですけれど、★なしなのは、評価不能なんです。まず、「Chicago」を観るつもりで出かけたのに、チケット完売で、急きょ、これを見ることにしたため、最初の10分間を見ていないことが最大の原因。それから、意味がよくわからないところが多々あって、なんだか府に落ちないうちに終わってしまったのでした。ビデオが出たら、再挑戦してみます。
LINK http://www.sony.com/adaptation
TITLE Virtuosity DATE 1/12/2003
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
オスカー俳優デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ主演の映画なのに、これはスゴイです。どうスゴイかというと、全然、演技がいらないというか、アクションがメインのティーン向けみたいなストーリーなのです。まず、デンゼルは、妻子を殺された恨みから犯人を殺してしまい、刑務所にいる元警官で、ラッセルに至っては、バーチャルの世界のファイターが血と肉を得て、実世界に出てきてしまったというエグい役どころ。このふたりが、死闘を繰り広げてしまうんですから、「へー」という感じ。'95年の作品ですが、ほんの7〜8年前は、ふたりともこんな役でも受けちゃってたんですね・・・と、ヘンな関心をしてしまったため、★ひとつおまけ。
LINK
TITLE America's Prince DATE 1/17/2003
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
'99年に不慮の事故で亡くなった、JFK Jr.の青年期を描いたテレビ映画。宣伝もずいぶんやっていたし、彼らの乗った小型機が行方不明になったニュースや、その後、死亡が確認されて、職場や住まいにたくさんの花やロウソクが供えられたことなど、実際にNew Yorkで見たことだったので、期待していました。知らなかった生前のエピソードや、似てはいないんだけど、とっても雰囲気を出していたケネディJr.と奥さんのキャロラインの役者さんたちなど、頑張ってはいましたけれど、期待ほどではなかったかな?という感じ。とても、有名な、女優ダリル・ハンナとの交際のくだりでは、彼女からクレームもついているのだとか。これだったら、ドキュメンタリーを見たのと、あんまり変わらなかったかも。
LINK
TITLE Chicago DATE 1/18/2003
V MOVIE □TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★★★
COMENT :
上映劇場数が少ないことから、週末に出かけたら、上映時間前にチケット完売で見られず、翌週、開始30分前に到着して、無事、鑑賞。ホントに人気がありました。内容的には、ミュージカルそのままですが、ミュージカルだとわかりにくい部分を、普通のお芝居で見せ、ポイントで歌や踊りが入るため、ずっとわかりやすかった。それと、なんといっても、キャサリン・ゼータ・ジョーンズの素晴らしいこと!迫力ある歌や踊りももちろん、黒髪のおかっぱで黒の下着スタイルの衣装があんなに似合う人なんて、見たことありません。まさに、彼女のためみたいな役でした。こんな映画が、10ドル程度で見れてしまうのだったら、半額チケットでも50ドルくらいする、ミュージカルを見る人がいなくなってしまうんじゃないかと、心配になってしまったほどの傑作。でも、ミュージカルも見た方が、比べられていいのかもしれませんけどね。
LINK http://www.miramax.com/chicago
TITLE Austin Powers Goldmember DATE 1/18/2003
□MOVIE □ TV V VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
渡米した当時に、1作目がすっごく流行っていたため、それ以降、なんとなく、全部見てしまっているシリーズもの。でも、作を重ねるごとにつまらなくなっているような気がするのは、私だけでしょうか?冒頭で、トム・クルーズやグウイネス・パルトロウ、ケビン・スペイシーらが、オースティン・パワーズのキャラに扮して登場するのですけれど、そこがいちばん面白かったかも。イギリスといえば!のマイケル・ケイン投入も、あんまり効果なしでした。★の数は2個なんだけれど、限りなく1個に近いものです。さすがのマイク・マイヤーズもネタ切れかもしれません。このシリーズもそろそろ終わりにした方がいいの・・・かな?



LINK http://www.austinpowers.com/
TITLE Two Weeks Notice DATE 1/22/2003
V MOVIE □TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★★
COMENT :
サンドラ・ブロックとヒュー・グラント主演のNew Yorkを舞台にしたラブ・コメディ。坊ちゃん社長のヒューと、頭は切れるんだけど、ダサくてやや世間離れした弁護士のサンドラは、どちらもハマリ役で、安心して見られました。サンドラの実家がコニーアイランドで、ヒューが暮らしているのは、SOHOのグランド・ホテルという設定なので、主に、ロウワーマンハッタンがたくさん登場していました。このふたり、実生活でも付き合っているんじゃないかというくらい、すっごく息が合ってて、テレビのインタビューとかでも仲良しそうでした。個人的には、サンドラのラブコメは大好きなのですけれども、彼女としては、そろそろシリアス物をやりたいそうです。
LINK http://www.twoweeksnoticemovie.com
TITLE Shallow Hal DATE 1/25/2003
□ MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★☆☆
COMENT :
あのグウイネス・パルトロウが、巨漢のもてない女性に扮するコメディ。でも、グウイネスが百貫デブで出てくるシーンは、最後の方の少しだけなんですけれどもね。主役の、ジャック・ブラックは、いつもの通り、ひとクセある冴えない男性役がぴったり。身のほど知らず?の女性の外見に異様にこだわる男が、催眠術によって、巨漢だけど心の美しいローズマリー(グウイネス)に惹かれ、呪文が解けたときには、びっくりしますが、最後は予想通り・・・という、ハッピーストーリー。かわいらしいお話ですが、最後があまりにハッピー過ぎて、ちょっと現実的ではないかなーなんて思ってしまいました。

LINK
TITLE Confessions of A Denagerous Mind DATE 1/26/2003
V MOVIE □TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★☆☆
COMENT :
ジョージ・クルーニーの初監督作品。ヒットした素人参加番組のホストを務めた業界人が、実は、CIAの殺し屋だったという、本人の回想録を映画化したもの。あの、スチーブン・ソーダーバーグ監督も製作に係わっていて、ちょっとレトロでアーティスティックな雰囲気に仕上げてあります。主役のサム・ロックウェルは、「チャーリーズ・エンジェルズ」に続き、ちょっと影のある役を好演、エンジェルのひとり、ドリュー・バリモアは、そのあっけらかんとしたガールフレンド役がなかなかハマっていました。疑問だったのは、CIAのスパイのジュリア・ロバーツで、「なんで彼女なの?」という感じ。全体的に悪くはなかったけれど、話自体が荒唐無稽で面白いのだから、そんなに凝らなくても、結構見れる映画になったのでは?という気もしました。
LINK http://www.miramax.com/confessions