TITLE Molin Rouge DATE 10/1/2002
□MOVIE V TV □ VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★★
COMENT :
ビデオショップに1本しかなかったビデオが、返却されなかったため、テレビに登場してようやく観ることができた次第。二コール・キッドマンもユアン・マクレガーも「歌は期待しない方がよい」という評判をさんざん聞いていましたが、どうして、なかなかじゃあないですか。小人役のジョン・レグイザモはじめ、脇役陣も多彩で面白かったし、なんといっても、ミュージカル仕立ての衣装や装置が凝っていてステキでした。やっぱり、大画面で観たかったかも。
LINK
TITLE The Right Temptation DATE 10/1/2002
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
レベッカ・デモネイ主演の一風変わった映画。舞台がNYだったので、つい最後まで観てしまいました。結構いい人そうな役でキーファー・サザーランドが登場してきましたが、「もしかして・・・」と思ったら、やっぱり、最後の最後で化けの皮がはがされる悪いヤツでした。NYPDに勤務するひとり暮らしのの彼女が、ミニブタを飼っていたのが妙に印象的。


LINK
TITLE Red Dragon DATE 10/5/2002
V MOVIE □TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★☆☆
COMENT :
アンソニー・ホプキンスのレクターのファンというより、原作者のT.ハリスのファンなので、やっぱり観に行ってしまいました。「ハンニバル」同様、長い話を2時間の映画にまとめたので、いろいろなところがはしょってありましたが、それなりにまとめてありました。個人的には、FBI捜査官役のエドワート・ノートン、犯人役のラルフ・ファイエンズとも、ちょっと原作のイメージと違うかなーと思っていましたが、どちらも上手かったので、結構それらしく見えました。でも、原作のイメージだと、犯人はもっとアクが強い人の方がよかったかな?という気はします。
LINK
TITLE Planet of the Apes DATE 10/11/2002
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
鳴り物入りでリメイクしたのに、とってもコケてしまった大作。個人的には、本来のシリーズ3作、全部観ていて、特に1作目を最初に観たときは、とても感動したので、それにかなうわけはないであろうと思っていました。そもそも、主役がマーク・ウォルンバーグだったのが、ちょっと失敗? でも、だから猿の女性が恋したのかしらん? 原作でも強烈な印象を残した最後をどうするのかなーと思ったら、全然違うパターンだけど、これも悪くない終わり方でした。★ひとつ分、あのシーンでおまけ。

LINK
TITLE White Oleandar DATE 10/12/2002
V MOVIE □TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
なんだか、すごく前評判がよかったので、わざわざ劇場まで観に出かけましたが、うーん、それほどでもなかったかな・・・というのが正直な印象。主役のミッシェル・ファイファーはとにかく危なく美しく、役にはぴったりでしたし、娘役の女の子も、かなりの熱演ではありましたが。脇のルネ・ゼルヴィガーやロビン・ライト・ペンも適役でちゃんとしているのですが、映画全体に掴みどころがなくて、観終わった後の印象がちょっと希薄な感じでした。
LINK http://whiteoleander.warnerbros.com/
TITLE Monkeybone DATE 10/13/2002
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★☆☆
COMENT :
コメディなら期待を裏切らない、ブレンダン・フレイジャー主演の奇想天外なコメディ。自分が作ったアニメのキャラ「Monkeybone」に体を乗っ取られてしまう、おタクだけど純真なアニメーターの物語です。自分の空想の世界に入ってしまうので、話もすっとんきょうですが、この人ならOKという感じ。でも、この手の話は、嫌いな人は嫌いかもしれませんね。

LINK
TITLE Memento DATE 10/13/2002
□MOVIE □TV V VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★★★
COMENT :
いろいろなところでウワサは聞いていましたが、聞きしに勝る、とても不思議な映画でした。昔のことは覚えているけれど、少し前のことは全部忘れてしまうという、特殊な病気にかかった男性の物語で、彼の思考に沿って、少しずつフラッシュバックした形で物語が進行します。っていっても、これは、言葉ではうまく表現できないので、とにかく観ていただくしかありませんが、真剣に観ないといけないから疲れるけれど、個人的にはミステリーっぽい展開が好みでした。狂気迫る、ガイ・ピアースの迫真の演技も○。
LINK
TITLE Zoolandar DATE 10/14/2002
□MOVIE V TV □VIDEO □OTHER()
EVALUATION ★★☆☆☆
COMENT :
これも、コメディなら任せて!のベン・スティラーが主演のみならず、監督もしてしまった作品。しかも、オーエン・ウィルソンが共演と来ると、絶対面白いはず!と思ったのですが、ちょっと企画倒れっぽい映画でした。ベンが超売れっ子のスーパーモデルで、そのライバルがオーエンという、設定だけで笑えてしまうので、ストーリー展開はつまらないし、ギャグは見え見えで、あんまり笑えませんでした。ベン・スティラーは、「メリーに首ったけ」以来、それ以上のコメディがなかなかないんですが、今回も、またハズレ・・・かな。
LINK