Art Institute of Chicago


RainyDay
Paris Street; Rainy Day パリ、雨の日, 1877
Gustave Caillebotte (French,1848-1894)
この美術館で最も有名な作品のひとつ。印象派のひとり、カイユボットの傑作で、雨が降るパリの街角を生き生きと描いた大作です。雨にぬれた石畳に人の影が映っている様子や、きっちり描き込まれた背景のビルなどはかなり緻密で写真みたいだったりするのに、全体をふんわりと包む優しいタッチはやっぱり絵ならでは。写真では見ていたものの、目の当たりにして、その大きさには圧倒されました。縦横とも2mを越えるこの大作は、やっぱり目の前に立ってじっくり鑑賞するに限ります。

※画像の大きさの都合上、写真は部分表示になっている場合があります。