Art Institute of Chicago


OldGuitarist
The Old Guitarist
老いたるギター弾き, 1903
Pablo Picasso (Spanish,1881-1973)
ピカソも初期から後期の絵画、段ボールを使ったユーモラスなオブジェまで、様々な作品があちこちに展示されていました。こちらは、見たとたんに予想できる「青の時代」の作品。若かりし頃のまだまだ自分の作品についていろいろな葛藤があった時代のもので、この頃のモチーフとしては、一般社会からちょっとはずれていたり孤独だったりしたものが多いそう。共通して用いられていたいトーンは、そのちょっとメランコリックな雰囲気を作り出しているのだそうです。この老人のがっくりした様子があまりにも郷愁を誘うので、ちょっと見入ってしまった私も、ピカソのツボにはまったということ!?

※画像の大きさの都合上、写真は部分表示になっている場合があります。