Art Institute of Chicago

TheFountain

The Fountain 噴水, 1907
John Singer Sargent(American,1844-1926)
色数が少ないながら、光を巧みに表現したサージェントの小作品。噴水をバックに絵を書いている婦人の白い服に当たる日の光の表現が見事。場所は、ローマ近郊のイタリアの小さな村だそうですが、奥手の深く茂った緑との対比で、明るいイタリアの夏の日差しが本当に感じられるよう。この人は肖像画をたくさん見ますが、こういう屋外のスケッチ風の絵や水彩画も個人的にはとても好きです。それにしても、昔の人って、日焼け防止にこんな格好したのでしょうか?

※画像の大きさの都合上、写真は部分表示になっている場合があります。