Art Institute of Chicago

WrightWindow
Triptych Window from a Niche in the Avery Coonley Playhouse 三面窓, 1912
Frank Lloid Wright (American,1867-1959)
アメリカが産んだ20世紀最高の建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した屋敷に使われていた3枚組の窓。ロイドは、日本では帝国ホテルの建物の設計で知られています。プレイハウスにあった窓なので、風船(いくつかある○)、星条旗(中央下)、チェッカボード(左上)と楽しいものをモチーフとして使っているところがポイント。この他にも、ロイドがデザインした作業机と椅子のセットや電灯付きのライティングデスクなども展示してありますが、どれも今見ても全然古くないモダンさ。
Chicago郊外には、彼の住んだ家やスタジオなどが見学できるOak Parkという街があります。これらの展示を見たら、なんだか行きたくなってしまいましたが、今回は時間の都合で訪れることができませんでした、残念。

※画像の大きさの都合上、写真は部分表示になっている場合があります。